Tシャツやカットソーを長持ちさせるための3つのポイント

こんにちは。ブラニカリパブリック店主の新宮です。

今回は古着屋の視点から「Tシャツやカットソーを長持ちさせる」ための方法を考えていきます。

新たに購入したカットソーがワンシーズンでダメになってしまった。

1度洗濯したら伸びてしまった。そんな経験はありませんか?夏場は特に1枚でガシガシと着ますので、洗濯回数も比例して増えていきます。傷みやすいポイント、ダメージを知ることで長く愛用していきましょう。

Tシャツ&カットソーのよくあるダメージ

Tシャツやカットソーによくあるダメージは何だと思いますか?

穴があいている?シミがある?汚れがついている?ダメージと一言に言ってもいろいろと種類があります。

TシャツやカットソーによくあるダメージランキングBEST3
  1. 毛羽立ち
  2. 首まわりの伸び
  3. 首まわりの黄ばみ

以上です。いかがですか?きっとみなさん心当りがあると思います。意外にも?穴があいているものやシミがあるものよりも、圧倒的に毛羽立ちが多いのです。

もちろん穴やシミがあれば古着屋に持ち込む前に捨ててしまっているケースもあるかもしれませんが、それを踏まえても圧倒的に上記の3つのダメージが多いのです。ではこれらのダメージの原因を考えてみましょう。

Tシャツやカットソーによくあるダメージの原因と対策

1.毛羽立ちの原因→これは擦れからくるダメージです。日常的に着用していてカットソーが擦れるのは、ショルダーバッグのヒモやジャケットとの擦れなどが考えられます。しかしこれらの原因ではなかなか毛羽立ちはおきません。ずばり毛羽立ちの主な原因は洗濯です。

対策→まず洗濯時に裏返して洗うことを徹底しましょう。そして生地の薄いものは必ず洗濯ネットに入れること。基本的なことの徹底が大切です。

2.首まわりの伸びの原因→日常的に着用していて起こる原因は、着るとき、脱ぐとき、痒いときに首まわりを引っ張ってしまっているケースが考えられます。しかし、実はこの首まわりの伸びも洗濯が原因となるケースがあります。洗濯時に別のものと一緒にガシガシ洗うと、当然首まわりに別の洗濯物が引っかかったりします。そのままグルグルと洗濯すると当然ショックなことに、、、

対策→こちらも洗濯ネットに入れることで解決できるでしょう。脱着するときは首まわりが伸びないように気をつけながら脱いでください。また干し方も大事です。水分を含んで重くなったTシャツはきちんと形を整えてからハンガーで干しましょう。変な形で干すと水の重みで伸びが進行します。

3.首まわりの黄ばみの原因→首まわりの黄ばみの原因は皮脂汚れです。(全体的な黄ばみの原因は石鹸の残りカスということもあります)特に白物が目立ちますが、当然黒物にも見えないだけで黄ばみが存在します。

対策→汗をかいたら拭き取る。黄ばみに気づいたら洗濯の前処理をこまめに行ってから洗濯することが大切です。汚れは放置するとドンドン落ちにくくなりますので注意してください。※黄ばみのお手入れに関してはこちらの記事をご参考ください。

今回のまとめ

◯Tシャツ&カットソーは裏返して洗濯ネットに入れて洗濯すること。

◯首まわりの黄ばみに気づいたら、洗濯前に前処理!気づいたときにやること。

洋服はアイテムや素材によって起こりやすいダメージが存在します。すべてのダメージに対して対策をしていては大変ですし、きりがありません。

主なダメージの原因と対策を知ることで最低限のメンテナンスを日常的に行い、長く愛用していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページトップへ