綿が出てる!ダウンジャケットに小さな穴が空いてしまったときの対処法

 先日のこと、買ったばかりのお気に入りのダウンジャケットから、なんだか綿や羽がでているではありませんか。よく見ると小さな穴が数カ所空いていました。どうやらどこかに引っ掛けて穴が空いてしまったようです。まぁこれくらい小さな穴くらい大丈夫!っというわけにはいきません。

 なんせ中からフェザーがもさもさと出てくる!こぞって外出したがっているんですから!

 

 そこで、今回は困ったときのダウンの穴の対処をご紹介します。応急処置のような形になりますが、カンタンですぐにできる方法です。

 通常お洋服に小さな穴が空いてしまった際には、針と糸で縫うことが多いと思いますが、ダウンジャケットやダウンベストに針を通すと、大変なことになります。そう、穴が空いてしまいます。

 なんてやっかいなんだ!ダウンの穴!ということで針を使う対処法は今回はNGです。

 

そこで登場するのが、、

ナイロン補修シートです。

ナイロン補修シートとは、ダウンやレインコートなどのナイロン素材や、テント、バッグ、傘などに使用できる優れものです。手芸屋さんに行って300円くらいで購入できます。コスパの良さが魅力ですね。いろいろなカラーのものが出ているので、穴の空いてしまったアイテムに合わせて選んで頂ければ良いと思いますが、小さな穴の対処へのおすすめは、ズバリ透明です。

ダウンに穴が空いたときの簡易補修法3ステップ

必要な物

ナイロン補修シート、はさみ

ステップ1

穴とそのまわりをきれいに拭きます。

※シートの粘着がよくなりますので、ほこりや見えない汚れをできるだけ取り除いてください。

ステップ2

穴に合わせてナイロン補修シートを切ります。

ステップ3

穴を中心にシワができないようにペタッと貼ります。

※生地をきれいにしたのに手が汚れていたら台無しです。私は意外と盲点だったので気をつけてください。

 

 はじめて使ったときは感動しました。カンタンで、値段も優しく、手間もかからないので、簡易補修には最適だと思います。

 元の状態にできるだけ近くしたいという方は、ジャケットの裏地やポケット部分の生地を移植して直す方法がありますので、お直し屋さんに相談してみましょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページトップへ