レザーアイテム(革製品)の水染み、雨ジミの直し方

こんにちは。ブラニカリパブリック店主の新宮です。

今回はレザートートバッグに無数についていた水染みを消すことにチャレンジします。

apcのレザートートバッグの水染み画像
実験するのはA.P.Cのレザートートバッグです。シンプルで素敵なバッグですが、全体的に雨による斑点状の水染みがたくさんできてしまっています。底には大きな水ジミもありますね。染みはかなり前についたもののようです。これが直ればまた使えるのになぁ。革は牛革です。やや光沢があるのが特徴です。

水ジミの原因は何?

水染みは革を染めている染料が濡れているところから、乾いているところに向かって広がるように移動し乾いた結果起こります。なんだか難しいですね。

つまり、雨などでレザーの一部分が濡れたとき、濡れていない乾いたところに向かって乾いていくと、染みとなって跡が残ってしまうということです。

水染みをつくってしまったときの対処法

雨の日に濡れたレザートートバッグ。染みになったらどうしましょう。

ドライヤーなどの熱風や暖房で一気に乾かしたりと考えがちですがこれは絶対にやってはいけません。

レザーの油分がなくなり、硬くなってひび割れなどのダメージの原因となってしまいます。何事も焦りは禁物ですね。

対処法 ※応急処置です。

  1. 水分を拭き取ることが先決です。こすったりしないように濡れたところを優しく抑えるように水分を拭き取りましょう。
  2. 拭き取ったら陰干しします。直射日光は厳禁です。レザーのお手入れにはタブーが多いですねー。
  3. 乾いて染みになっていないか確認します。染みになっていなければ、防水スプレーをして、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

水染みを直してみよう

応急処置も虚しく水シミになってしまったダメージを直してみます。ちなみにこのトートバッグは応急処置をしていないもので、染みはいつのものかわかりません。

用意するもの

◯お水

◯洗面器※今回は洗面台のシンクを使用してみます。

◯バスタオル

その後のケアもしたいなら、

◯レザーオイル※今回は水シミを直したあとのケアとしてマスタングペーストというレザーオイルを使用してみます。

◯防水スプレー

お手入れの方法

水シミは水で直します。何を言っているかわからないかもしれませんが、一部分が濡れて染みになってしまったレザーアイテムはもう一度、今度はすべて水に濡らしてから乾かします。こうすることで部分的に濡れてできた染みをリセットするのです。

水染みお手入れ画像

  1. 洗面器に水を張ります。
  2. 直したいレザーアイテムがすべて水に浸かるようにします。革がまんべんなく濡れるようにしてください。レザーを水に漬けるなんて抵抗があるかもしれませんが、染みがあっては使えません。少しの勇気を振り絞ってください。※このとき濡れていない箇所があるとまたもや水染みの原因となります。
  3. タオル脱水します。バスタオルで優しく抑えるように脱水します。※洗濯機の脱水をしすぎるとシワができてしまったりしますので、今回はタオルで脱水します。間違ってもぞうきんのように絞ったり強く絞らないように注意してください。
  4. 形を整えて陰干します。干し方は自由ですがなるべく自然な形で、空気が入るような干し方をしてください。今回はトートバッグなのでパンツハンガーにかけて干すことにしました。寒い日や雨の日など乾くまでに時間が掛かり過ぎる日は染みの原因となりますので避けたほうが良いでしょう。今回のお手入れは晴れた日の昼に行いました。

結果を見てみましょう

1日陰干ししたら完全に乾いたようです。水シミの様子はどうでしょうか。

apcのレザートートバッグのお手入れ後の画像

いかがでしょう。あれだけ全体的にあった斑点状の水シミはひとつも見当たりません。底面の大きなシミもありません。これは成功といって良いのではないでしょうか。

シミや汚れは通常時間が経つほどに落ちにくくなりますが、今回のお手入れ実験で水シミに関しては時間が経ってしまったものでも同じようにきれいになることがわかりました。これは発見ですね。

※こちらのお手入れ実験は結果を保証するものではありません。高級なものなど心配な方はお金はかかりますがクリーニングに出しましょう。

水染みを落とした後のメンテナンス

レザーオイルで油分を補給し、仕上げに防水スプレーをしました。これで雨の日のお出かけにもお供できそうです。

水染みが怖くて愛用しているレザーアイテムがお留守番というのはなんだか悲しくもあります。

ブックマークしていつか起こるかもしれないレザーアイテムの水染み緊急事態に備えてもらえたら嬉しいです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページトップへ