伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方今回は自宅で自分でできるウール素材のセーター・ニットの手洗いについてお話してみたいと思います。

自宅でお洗濯をして大切なニットが伸びてしまった。縮んでしまった。傷んでダメになってしまったという経験をお持ちではありませんか?

セーター・ニットは間違った干し方をすると伸びきってしまったり、洗ったら縮んでしまったりと悩みの多いお洋服の一つです。

洗濯機を使用して洗う方法もありますが、一番優しく洗う方法として手洗いをしてタオル脱水するやり方がありますのでご紹介します。

大切なセーターを長く愛用していくためには正しいメンテナンスの手法を知ることが重要です。

ニットは極力手洗いしましょう。

ニットはデリケートなアイテムですので、洗濯で傷つけてしまうことのないように、できるだけ優しく手洗いすることが望ましいのです。手間はかかりますが、お気に入りのニットを大事に洗ってあげましょうね。

※どうしても洗濯機で、という場合は「畳んでネットに入れて」洗濯機で洗ってください。その場合はドライ・手洗いコースなど弱水流のコースを選択してくださいね。脱水しすぎるとしわになったり、よれやすくなったりと悲惨なことになりますので脱水は短く、30秒程度で大丈夫です。

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方で用意するもの用意するもの

○洗面器(手洗いする容器)

○おしゃれ着用の中性洗剤(今回はエマールを使用しました。)

○ぬるま湯

押し洗いします。

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方でおしゃれ着用洗剤を入れる洗面器にぬるま湯を張ったら、洗剤を入れて軽くかき混ぜます。

洗剤が全体に行き届いて泡立つようにきちんと混ぜましょう。

汚れは水よりお湯に溶けます。水温は30~40度程度で大丈夫ですので、熱くなり過ぎないように適度なぬるま湯で洗いましょう。

お洗濯にぬるま湯を使用する理由はこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

 

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方でニットを畳んで洗面器に入れるニットを畳んで洗面器に入れます。思い切ってじゃぶーんと入れます。

【ちょっとひと手間ワンポイントアドバイス】 襟や首周り、前身頃、ヒジ、袖口などの汚れを落としたい部分、汚れやすい部分を前面に見えるようにして畳みましょう。こうすることで汚れがとれやすくなります。

 

 

 

 

 

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方でニットを押し洗いするそれでは、ゆっくりと押し洗いしましょう。

両手の手のひらを使うように全体を優しく押します。

回数は10回程度を目安に押してください。

回数も強さもやり過ぎないように注意してください。

 

 

 

 

 2回すすぎます。

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方でニットをすすぎ洗いする洗剤の入ったぬるま湯を流したら、新しい水に取り替えて押し洗い。

じゃぶじゃぶと2回ほど繰り返しすすぎます。

このときも同様に優しく洗ってください。

【ちょっとひと手間ワンポイントアドバイス】 ウールは羊毛など文字通り羊の毛ですので、人間の毛と同じようにリンスやコンディショナー(もちろん柔軟剤も可)を使って仕上げをすると、ふんわり、しっとりと仕上げることができます。

 

 

 

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方でニットを丸めて軽くしぼるところ軽~く丸めて水を絞ります。

シワや生地の傷みの原因となりますので、うっかり力を入れ過ぎないように注意してください。

ここでも優しく接してくださいね。

ついついやりたくなる気持ちは分かりますが、ぞうきん絞りは絶対にやってはいけません。

 

 

 

タオル脱水します。

伸び縮みを防ぐコツ!ウール素材のセーター・ニットの洗い方と干し方でニットをバスタオルでタオル脱水するバスタオルに挟んで手で押して水分をとっていきます。

これをタオル脱水と呼びます。

デリケートな衣類によく使う脱水方法ですので覚えておきましょう。

バスタオルは厚手のものや吸水性の良いものを選ぶと良いです。

※洗濯機を使用して脱水したい場合は必ず洗濯ネットに入れてください。傷み防止のため、脱水→止める→脱水→止める→脱水→止めるというように、2.3回に分けて合計30秒程度を目安に脱水します。

 

 

日陰で平干しします。

ついついハンガーにかけてしまいがちですが、タオル脱水したとはいえ、水分を含んだニットはかなりの重さです。

ハンガーにそのままかけると伸びきってしまい悲しい結末を迎えることがありますので、できるだけ避けましょう。ハンガーを3本使用した干し方

平干しするスペースも道具もない!といったときはハンガーを3本使用して干します。かなりアクロバティックな干し方ですが重さが分散されますので伸びを少し防ぐ効果が期待できます。いろいろな洗濯物の干し方の特徴をまとめた記事はこちら

日に焼けないように日陰で形を整えて干します。

以上が自宅でできるニットの手洗いの洗い方です。

正しく洗って、寒い季節のおしゃれを楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページトップへ